負担を収入に

コールセンターの男子

親から相続した不動産があったとしても、実際に使用していなければ固定資産税が高くなってしまうという現実があります。手持ちぶさたになってしまっている土地や住宅は、不動産売却を行いましょう。

Read more

賃貸の価値

ピンク色のアパート

現在ではほとんどの不動産でネットサービスを進めているので、賃貸住宅の総合検索サイトやネットのアフターサポートなどを利用してより良い住居環境を手に入れることができます。

Read more

付加価値は多い

紙幣と硬貨

新築で住宅を購入する時に、土地を探す手間やコストを抑えられるとして需要があるのが分譲住宅です。購入する前に実際の間取りや日当たりなどを確認できるのも分譲住宅の魅力です。

Read more

遺産相続の時は

キーボードと人形

長岡京市で不動産会社として活動しているこちらは、地域別で情報を絞り込めるため、早めに住まいを見つけられます。

あなたの資産運用をサポートしてくれるサイトがこちら!目黒区の高級マンションを売却する際などに、高額で売ることができます。

相続税は、故人が亡くなってから10月以内に申告及び納付をしなければなりません。基本的に、その期限が延長されることはありません。遺産分割の協議が終わっていない場合でも、必ず申告及び納付は必要になります。分割が終わっていない場合、遺産は、相続人が各々の相続分で取得したものとして扱われます。例えば、配偶者と子供2人という場合、配偶者が半分、残りを子供2人が半分ずつという感じです。注意したいのが、優遇制度の適用を受けられないことです。宅地の評価額を大幅に減額できる小規模宅地等の特例制度は、分割されていない宅地には適用できません。配偶者の相続税の大部分を減額してくれる配偶者の税額軽減制度も、適用できなくなります。協議の内容も大切です。ですが、相続税のことを考えて、早めにすませるようにしましょう。

とは言え、協議が整わず、期限を過ぎてしまうということもあるでしょう。そんな時は、更正の請求をするようにしましょう。更正の請求とは、以前納付した金額が多すぎた場合に、返してもらうというものです。小規模宅地等の特例制度や配偶者の税額軽減制度は、期限後でも分割されれば適用を受けることが可能です。適用を受ければ相続税は減ることになるので、更正の請求によって取り戻すことができます。ただし、これにも期限があります。原則として、申告期限から3年以内に分割されなければ、適用を受けることができません。更正の請求についても期限があります。今回の場合、分割協議が整った日から4月以内に、更正の請求を行う必要があります。期間としては短いものなので、早めに請求の準備をしておきましょう。

理想的な物件を見つけるためにも、品川区で不動産屋をしている業者について情報を集めましょう。こちらなら口コミなどがチェックできます。

売却時の確認点

一戸建てと道

不動産を売却するときには、事前に売却に発生する税金や売却方法を理解しておく必要があります。その人の支払う税金に応じて譲渡期間なども変わってくるので、売却を決めたら早めに手続を進めるのが良いでしょう。

Read more

会社を探す

ファイルと女

注文住宅を建てるときには、建築会社を選ぶところから始めますが、理想の住宅を建てるためにはこの建築会社選びがかなり重要です。会社ごとのサービスや担当者との相性を確認しながら選ぶのが良いでしょう。

Read more

オススメリンク

  • イエステーション

    無料査定を行っていますよ。大津市でマンション売却を考えている人は信用のある業者に依頼する必要があります。
  • 丸川不動産

    30年以上の経験を持っているので安心して依頼できますよ。熊野町の不動産を利用して素敵なお家をゲットしませんか。ここで情報を掲載しています。